2010年04月09日

橋下知事「パー券、今後は断る」 誘致パラマウント窓口の購入(産経新聞)

 エキスポランド跡地(大阪府吹田市)への米国映画大手「パラマウント・ピクチャーズ」によるテーマパーク誘致の窓口になっている投資会社の社長が、大阪府の橋下徹知事後援会主催のパーティー券を購入するなどしていたことに絡み、橋下知事は2日、「今後はパーティー券購入と会費をもらうことは断る」と述べた。

 跡地の活性化策について公募することを表明したためで、橋下知事は「公募をすると決めたので、疑われるようなことはできない。(公募で採用される活性化策が)決まるまでは距離をおくことにした」と説明した。

 しかし、社長がこれまで購入したパーティー券2回分(計2万5千円)とすでに支払われている後援会費6千円については「問題ないので、返さない。それをやると問題がないのに返す普通の政治家と同じになる」と述べ、返金しない考えを示した。

【関連記事】
任命式に国歌斉唱導入、橋下知事「声が小さい!」
橋下知事の大阪都構想“地獄の道” 市議会自民が勉強会
橋下知事のマニフェスト採点「公開を」 大阪府情報公開審が答申
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持
橋下知事もママチャリで“参戦” 第2京阪で開通イベント
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<ジュニア本因坊>神奈川の石原君が優勝(毎日新聞)
住宅全焼 焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
<菅副総理>「死刑執行」に懸念表明 会談で中国首相に(毎日新聞)
送迎バス事故 30秒間、蛇行運転 500メートル手前で体調急変か(産経新聞)
連携全く考えず=与謝野氏ら「新党」で−菅副総理(時事通信)
posted by スザキ タクヤ at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

環境保護や人道支援に貢献 「地球倫理推進賞」贈呈式(産経新聞)

 地道な活動を通じて環境保護や人道支援などに貢献している団体を顕彰する「第13回地球倫理推進賞」(社団法人倫理研究所主催、産経新聞社、文部科学省など後援)の国内部門に「NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター」(長野県泰阜村、梶さち子代表)、国際部門に「NPO法人 熱帯森林保護団体」(南研子代表)が選ばれ28日、東京都千代田区の倫理文化センターで賞状と活動助成金100万円の贈呈式が行われた。

 「グリーンウッド」は平成5年、子供たちが「地域に根ざした暮らしから学ぶ場」を創ることを目的に設立。村民の協力を得て、全国の子供たちの“山村留学”を実践している。

 「熱帯森林」は平成元年、アマゾンの熱帯林や先住民の保護を目指して発足し、自然保護や先住民の子供たちへの識字教育に尽力した。また、7集落の学校建設に寄与した。

 式後の講演で、梶氏は「自分たちの暮らしは自分たちで創るという理念で活動を続けてきた。今後も、地元の文化を継承したい」と述べ、南氏は「現地にはガス、水道、電気、文字もないが、自殺もいじめも差別もない。こうした無形のものを学んだ」と報告した。

【関連記事】
クロマグロ取引禁止案否決 正式承認 ワシントン条約会議が閉幕
エコと妖怪がテーマ…樽屋タカシ氏の世界観とは
中国、河川の水質改善が急務 旭化成ケミカルズが啓蒙活動
ハイチ支援、要請の半分 国連が日本の追加に期待
ハイチPKOの日韓中比較でみる「援助と戦略」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

母子練炭自殺か 三重、車内に遺書(産経新聞)
<特養>介護職員のたん吸引、厚労省が容認(毎日新聞)
「ほっとした」「時間かかりすぎ」被害者ら語る 毒ギョーザ容疑者拘束(産経新聞)
<中部電力>風力発電計画を白紙撤回へ 愛知・静岡県境(毎日新聞)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ−参院委(時事通信)
posted by スザキ タクヤ at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。